読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rafle_nico Music/Work

Guitar / Music / Craft / Photo / Camera / Interior 私の関心のある事について書いています。 Twitter: rafle_nico

SAITO GUITARS S622 Navy Blue フォトレビュー

【齋藤楽工房様のSAITO GUITARS S622のフォトレビュー】

元記事:http://rafle-nico.tumblr.com/post/126328305547/
(購入2015年6月、元記事執筆2015年8月の古い物の再投稿です)

少し長くなりますが、私が愛用しているこのギターを写真を通して紹介させて頂きます。
初期ロット5本のうちの末っ子です。

SAITO GUITARS S622 Navy Blue : serial number 150005
-Specifications-
Scale: 647mm 22F
Body: Alder 2piece (carved)
Neck: Hard Maple and Rosewood finger board
Frets: Jescar Medium Jumbo, Fw-51100, 0.100x0.052inch
Peg: Gotoh H.A.P
Bridge: Gotoh 510
Front and Middle Pickups: SAYTONE SCREAM
Rear Pickup: SAYTONE Sledge α
Finish: Thin Matte Finish

f:id:rafle_nico:20160523130242j:plain

全体像。深い紺というよりは、少し明るめの紺です。
インレイなしのローズウッド指板がシックでかっこいいです。

f:id:rafle_nico:20160523130848j:plain

薄いマットフィニッシュで、サラサラの触り心地と体へのフィット感は最高です。
個人的にこのフィニッシュは本当に素晴らしいと思います。

f:id:rafle_nico:20160523130859j:plain

コントロールは5wayブレードセレクターにボリュームとトーンです。
スムーズに動いて扱いやすいです。

f:id:rafle_nico:20160523130851j:plain

ピックアップはSAITO GUITARSの目玉でもあるハンドワインドのSAYTONEです。フロントとミドルがSCREAM、リアがSledge αです。
シングルコイルはクリーンからクランチが本当に気持ちよく、パリっとハリがありながら凄く良く音が伸びてくれます。
リアのハムバッカーは低出力らしいのですが、凄く伸びがあってエフェクトのノリも凄くいいです。あまり音量差もないので切り替えてて楽しいです。
また、フロントとミドル、ミドルとリアのハーフトーンが全然ぼやけておらずものすごく綺麗です。
ほんとうに素晴らしいピックアップだと思います。

f:id:rafle_nico:20160523130850j:plain

ブリッジは説明不要のGotoh 510。すごくスムーズなアーミングが可能です。
私は購入した時からの軽いフローティングで使用しています。

f:id:rafle_nico:20160523130849j:plain

次はネックを見て行きましょう。
ヘッドは独特の形状をしていてかわいいです。
当たり前ですが個体によってメイプルの木目が違います。
私のはゆるい扇状になっていて綺麗です。

f:id:rafle_nico:20160523130853j:plain

裏はこんな感じ。シリアルナンバーが記載されています。
2015年製作、No.5ということですね。初期ロット5本のうちの末っ子になります。
ペグはGotohのH.A.P、現在シーゲル巻をしていますがチューニングは全然狂いません。

f:id:rafle_nico:20160523130901j:plain

ナットです。詳細を知らないのですが、グラファイトですかね。
ローズウッド指板とメイプルネックの境目がすごく独特で綺麗です。
また、ローズウッド指板はサラサラしていて凄くスムーズです。このギターの素晴らしい点の一つがめちゃくちゃチョーキングがスムーズでやりやすいことだと思います!

f:id:rafle_nico:20160523130858j:plain

ネック裏はこんな感じ。こちらも個体によって結構木目が違います。
サラサラで凄く握り心地、触り心地がいいです。めっちゃプレイアビリティ高いです!このネックもお気に入りの点です。

f:id:rafle_nico:20160523130857j:plain

ボディ裏に行きましょう。ここが見た目的な意味でいろ以外で一番個体差が出るところだと思います。2ピースのアルダーです。軽いです。
木目ももちろんですが、アルダーの色が結構違うと思います。
私がこの個体を選んだ理由が、紺の色ももちろんですがアルダーの色が結構濃かったのも決め手の一つでした。
また、ネックジョイントは凄く工夫されているようです。詳しくは公式サイトの写真を見てみて下さい。

f:id:rafle_nico:20160523130854j:plain

別角度から。
滑りがほんとうに良くてよくフィットします。サイドの木目も綺麗ですね。
後、今回写真をとっていませんが、コントロールキャビティを開けてみたら綺麗に配線されてまとめられていました。

f:id:rafle_nico:20160523130855j:plain

バックパネルは最初からついていません。私はもともとバックパネルはすぐとっちゃう人なので凄くありがたいです。ネジ穴がなくて綺麗です。
確かオプションで無料でバックパネルはつけてもらえるはずです!

f:id:rafle_nico:20160523130903j:plain

ここのカット、すごく綺麗です!

f:id:rafle_nico:20160523130856j:plain

ここの質感も凄く好きです。ほんとうに綺麗に作られています。

f:id:rafle_nico:20160523130852j:plain

ストラップピン。

f:id:rafle_nico:20160523130902j:plain

以上になります。
弾いていて凄く気持ちがいいギターです。
私はあまり高額ギターをたくさん弾いたこともありませんし、音や機材にそこまで詳しくありませんが、弾いていてとても楽しく、いい音なってるなー!と感じれる素晴らしいギターだと思います。
音に関しては、7月にYoutubeへ動画を上げておりますのでちょっとした参考程度に是非。

www.youtube.com

齋藤楽器工房様ホームページ
http://www.saitogakkikoubou.com/

元記事:http://rafle-nico.tumblr.com/post/126328305547/

saito guitars s622
Saito Guitars S622